集中力を高めよう。シェーンベルク:「管弦楽のための5つの小品」

広告
Pocket

今回は、時代は前世紀初めのものですが、内容的には現代音楽に分類します。とはいえ、ハチャメチャに大騒ぎをしたり気をてらったりしたものではありません。この曲を聴くと非常に集中力が研ぎ澄まされる気がします。

シェーンベルクは、12音技法(12の音程を均等に使った音列をもとに作曲する)の創始者とされ、「無調」の作曲家ともされますが、実際のところ、彼は調性を消し去ろうとしたのではなく、むしろその逆に拡張しようとしたのだと思います。それまでの、ハ長調、ニ短調といった枠ではなく、音楽の瞬間瞬間の調性感を追求していったのではないかと考えられます。もっとも彼自身、その理念が充分に受け入れられる可能性を低く見ていて、大曲を途中で放棄してしまったりもしています。ですが、現在の私たちの耳は複雑化した調性にかなり対応できているのではないかと思います。

この作品は彼の比較的前期の作品で、後に改訂版が作られました。

サイモン・ラトルの指揮で(いかにも何かが起きそうな第一曲「予感」から始まります)

続きを読む“集中力を高めよう。シェーンベルク:「管弦楽のための5つの小品」”

広告

スティーブ・ライヒの世界-その6。複雑化する和声。ライヒ:「スリー・ムーブメンツ」

広告
Pocket

年代を追って紹介しているわけではないのですが、ハーモニーが比較的複雑で、不協和音とはいかないまでも、どちらかというと短調に傾いている時期の作品です。タイトルの通り三つの楽章からなります。リズムは比較的単純で、一連の「フェーズ」シリーズのように少しずつ少しずつずれていくということはなく、特にこの作品では全体が一斉にリズムを変えていく体を成しています。

第1楽章

続きを読む“スティーブ・ライヒの世界-その6。複雑化する和声。ライヒ:「スリー・ムーブメンツ」”

広告

時代に先んじ過ぎた?ショスタコーヴィチ:交響曲第4番

広告
Pocket

ショスタコーヴィチといえば代表曲は第5番。当然それ以前に発表された曲と考えるのが普通ですが、作曲されたのは1936年ころと思われるのに初演は1961年。なんと25年ほども後のことなのです。第5番の初演が1937年ですから、いかに発表が遅れたかがわかります。

実はショスタコーヴィチは1936年に発表したオペラとバレエでソビエト当局の批判を受けて非常に危険な立場にいました。おそらく独裁者のお気に召さなかったのだと思います(ソルジェニーツィンの著作の中で、独裁者が「第5番」を聴きながら心の中で快哉を叫ぶシーンがあります。心の中なのであくまでもフィクションなのでしょうが、まさに作曲者の首がつながった瞬間です)。当時のソビエトではこんなことで粛清されてしまうことが珍しいことではなかったのです。欧米の影響を受けていると判断されただけでも批判の槍玉にあがります。ショスタコーヴィチは何とリハーサルまで終わっていたこの曲の楽譜を回収し、初演を断念します。身の危険を感じたからでしょう。さて一体どんな音楽だったのでしょうか?134名の大所帯です(彼の最大規模)。

狂ったように疾駆するフーガ(フガート)。これでも指定のテンポより遅いらしい。

続きを読む“時代に先んじ過ぎた?ショスタコーヴィチ:交響曲第4番”

広告

何かが、何かが、何かが迫ってくる。マルティヌー:2つの弦楽オーケストラ、ピアノとティンパニのための二重協奏曲

広告
Pocket

実のところそれほど聴きこんできた曲ではありません。でもどこかで聴いていて、最近になって曲名がわかりました。そしてはまってしまいました。マルティヌーは軽い曲も書いていて、「キッチン騒動」とか、軽妙洒脱なイメージを持っていました。フランスかな?などと勝手に思っていましたが、チェコの作曲家であることを改めて知りました。どうもプーランクと混同していたような…。

この曲は私の持っていたマルティヌー感を完全にひっくり返してくれました。シリアス、沈痛、晦渋、激昂。そして、もしこの曲の構成がチャイコフスキーの弦楽セレナードにインスピレーションを受けたといわれても(誰もそんなこと言ってないと思いますが)、私には意外でも何でもありません。もっとも方向性は全く逆を向いているのですが。

第二楽章 ラルゴ

続きを読む“何かが、何かが、何かが迫ってくる。マルティヌー:2つの弦楽オーケストラ、ピアノとティンパニのための二重協奏曲”

広告

天才の最後から二番目の交響曲のテーマは「悲喜」なのか? モーツァルト:交響曲第40番

広告
Pocket

「名曲名盤」という割にはマニアックな曲目に偏っているとの見方もあるこのサイト。ここらあたりで間違いのない名曲、モーツァルトの交響曲第40番にスポット・ライトを当ててみたいと思います(先回登場時は39番との比較でした)。

ほぼイントロなしの冒頭のメロディーを聴けば誰もが「あぁ~」と知っている名曲中の名曲。「もの悲しいロマンティックな曲ね」、という感想が多いと思われます。では全四楽章よく知っているかというと意外にもというか「えっと、どんなメロディーだったっけ?」となってしまうことも。学生時代に友人が、ものの一分も聴かないうちに「もういいや」「えっ、なんで?」「いや、もう最初のテーマ終わったから」。おいおい『愛のオルゴール』じゃないんだぜ(フランク・ミルズさん、ごめんね)。

演奏にもよるのですが、じっくりと聴くと深~い味わいとともに謎めいた印象をもおぼえるこの曲。少し語らせてくださいませ。

リッカルド・ムーティによる、抑えたテンポの第一楽章

続きを読む“天才の最後から二番目の交響曲のテーマは「悲喜」なのか? モーツァルト:交響曲第40番”

広告