重い気分からテンションを上げていきたいとき。ショスタコーヴィチ:交響曲第6番

Pocket

初稿2016/06/27

重々しく始まり、軽妙洒脱に終える。気分転換にお勧めの曲です。

第5番で名誉を回復したショスタコーヴィチは、続いて第6番をリリース。

曲の始まりは晦渋に満ちた重々しい音楽が続きますが、第2楽章は軽快に、そして終楽章(3楽章形式)では、これはもう思いっきりふざけているとしか思えない。また批判を受けないように注意深く書かれているようですが、「なんじゃこの終わり方は?!」。突っ込みどころ満載です。

ヘッドフォン 第3楽章

続きを読む“重い気分からテンションを上げていきたいとき。ショスタコーヴィチ:交響曲第6番”

何かに立ち向かおうとするときに。ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

Pocket

初稿2016/06/25

クラシックと思って聴くと最初はとっつきずらいかもしれません。何度か繰り返し聴くうちに慣れてきて、そうなるとたいへん力強い意志を感じさせる曲だと思われることでしょう。通して聴くことで気持ちを前向きにし、勇気を与えてくれる交響曲です。それはベートーヴェンの交響曲第5番にも匹敵するでしょう。

苦悩する一人の作曲家がいました。その名をショスタコーヴィチ。彼は体制の弾圧の中でもがき苦しみながら命の危険すら感じつつ作品を生み出し続けた、そう受け止められているはずです。それもまた事実ですが、一人の作曲家としての彼のイメージを幾分歪めているように思えます。

ヘッドフォン 第4楽章

続きを読む“何かに立ち向かおうとするときに。ショスタコーヴィチ:交響曲第5番”

ピアノの様々な技巧を楽しむ。ショパン:エチュード 作品10

Pocket

練習曲なのに癒される。癒されるというより高揚させられるといった方が正確かも。

エチュード、つまりピアノの練習曲なわけですが、たいへん聴きごたえがありレコーディングも活発に行われています。ショパンの書簡によるとこの曲集は「画期的な練習曲」として書かれました。ショパンの言わんとしていたこととは違うかもしれませんが確かに画期的な練習曲ではあります。というのも、練習曲でありながらピアノ曲としての完成度が非常に高いということです。

ちなみにショパンのエチュードには作品10と作品25の二つの作品があります。今回は作品10についてです。

聴いていると確かに練習曲として書かれていることがよくわかります。一定のパターン、指の動き、左右の手の配分など緻密に計算されていることが聴き取れます。ショパンは音楽教師として生活していた時期もありますし、ピアニストに対する愛情が彼のどの曲からも感じられます。それは練習曲に限らず、ピアニストにとってより良い技巧を身に付け、難しい曲もただ単に難しくしているのではなく、表現力豊かな演奏に導くように書かれている、そんな風に感じます。加えて、他の楽器ではなくピアノでしか表現できない曲作りが、彼をして「ピアノの詩人」と言わしめているのでしょうね。

いかにも練習曲らしい第一曲。ポリーニの演奏

続きを読む“ピアノの様々な技巧を楽しむ。ショパン:エチュード 作品10”

元気を出そう!簡素にして壮大な小交響曲。ヤナーチェク:シンフォニエッタ

Pocket

これは元気を出すのに大変良い曲で、本当は簡素な造りではないのですがスッと心に入ってきます。ガッツポーズも出そうです。気分がふさぎがちな時、やる気が出ない時などにお勧めいたします。

シンフォニエッタは小交響曲という意味があるのですが、実際には「小」とはいいがたいです。演奏時間こそそれほど長いものではありませんが、第一楽章のファンファーレに始まり、終楽章に回帰するまで実に緻密に作曲がなされています。

また、ヤナーチェクはモラビア出身の作曲家ですが、現在で言えばチェコに含まれる地域で、民族的な響きも感じさせます。

第一楽章:ファンファーレ。ノイマン指揮、チェコフィルハーモニー管弦楽団。

続きを読む“元気を出そう!簡素にして壮大な小交響曲。ヤナーチェク:シンフォニエッタ”

ほら吹き男の冒険!コダーイ:組曲「ハーリ・ヤーノシュ」

Pocket

楽しい気分を味わいたいならお勧めです。もともとは歌劇的なものでしたが演奏機会は少なく、こちらの組曲は時々取り上げられます。中にはまじめな曲も入っていますが全体としては、はじけた楽しい組曲です。コダーイはバルトークと並び称されるハンガリー音楽の研究者ですが、バルトークよりも研究者としての側面の方が大きいように思われます。

第2曲:ウィーンの音楽時計

続きを読む“ほら吹き男の冒険!コダーイ:組曲「ハーリ・ヤーノシュ」”

超有名曲なのに出処が違う?ビゼー:「アルルの女」第二組曲

Pocket

とてものどかなパストラール、メヌエット。気持ち高ぶるファランドール。どの曲も懐かしい何かを思い出させて、濁った心を爽やかにしてくれます。

ところで、誰もが聴いたことがあると思われる「アルルの女」のメヌエット。ところがこのメヌエットが実は「アルルの女」に含れる曲ではなかった?なぜこんな珍妙なことが起きたのか?

とにもかくにも思いっきり賑やかな幕切れで私たちを活気づけてくれるこの戯曲。実は悲劇だったってご存知でした?

小澤征爾の指揮で

続きを読む“超有名曲なのに出処が違う?ビゼー:「アルルの女」第二組曲”

まだ休みボケ?元気を出してさあ行こう。モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」

Pocket

気候も落ち着かないし、なんとなく気力の入らない今日この頃(私だけ?)。この曲で目一杯元気を出していきましょう。比較的短いこのモーツァルトの交響曲ですが、すべての楽章が長調で書かれています。明るい気分に浸れること間違いなしでしょう。

アバドの指揮で。冒頭からはじけています。

続きを読む“まだ休みボケ?元気を出してさあ行こう。モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」”

交響曲再入門。モーツァルト:交響曲第41番

Pocket

「ジュピター」の愛称で知られているモーツァルト最後の交響曲です。この愛称はかなり早い時期からあったようですがモーツァルト自身によるものではなく、内容とは直接の関係はありません。
なぜ「再」入門なのか?入門ということでドボルザーク「新世界より」を取り上げましたが、それは何か単純だからとか、簡素だからとか、そういったことではなく、交響曲というものの概要を知るのに適しているのはどの曲だろうかと考えて選びました。
モーツァルトの第41番は聴きやすく、耳なじみが良く、簡素に書かれているようですが、実際には高度な作曲技法が駆使されているのだ・・・そうです。それでいて、すっと入ってくる。少し長めに感じるかもしれませんが、交響曲の一つの極北といっても過言ではないでしょう。改めて新たな耳で再入門、というわけです。
ナクソスより。終楽章。

続きを読む“交響曲再入門。モーツァルト:交響曲第41番”