交響曲入門。ドボルザーク:交響曲第9番「新世界より」

広告
Pocket

以前に交響曲第8番を紹介しました。今度は第9番です。こちらは非常にメジャーですし構成が非常にはっきりしていて聴きやすいので「入門」としてみました。例えばブラームスの交響曲第1番も名曲ですが、構成がやや複雑で最初に聴くと少し退屈するかも。もちろんライブで聴けばそんなことはないはずですが、不思議なことに録音されたものを聴く場合には、何度も聴いて好きになる、ということが往々にしてあります。
前置きはこのくらいにして、「JAWS」のようなイントロが終わると、誰もがどこかで耳にしたことがあるメロディーの第4楽章をどうぞ。
小澤征爾の指揮で。

続きを読む“交響曲入門。ドボルザーク:交響曲第9番「新世界より」”

広告

厳しさの中の緩徐楽章に癒される。J.S.バッハ:ピアノ協奏曲第5番 BWV.1056

広告
Pocket

全体としてはヘ短調の気持ちやや重い曲です。冬の厳しさを感じます。しかし三楽章形式の第二楽章、緩徐楽章がなんともいえず温かく心をとろかします。ビバルディの「冬」もそうですが、協奏曲の緩徐楽章は何という美しさを湛えているものなのでしょう。モーツァルトのクラリネット協奏曲しかり、バーバーのピアノ協奏曲しかり。まさに作曲家の腕の見せ所なのでしょうね。

この協奏曲は全楽章合わせても10分足らずの短い曲ですが、さすがはバッハというべきか密度の高い澄み切った音楽です。非常に聴きやすい、と言うと語弊がありますが、小難しいことを考えなくても素直に聴くことができます。もちろんバッハの時代ですから独奏楽器はチェンバロだったわけですね。

続きを読む“厳しさの中の緩徐楽章に癒される。J.S.バッハ:ピアノ協奏曲第5番 BWV.1056”

広告

天才の最後から二番目の交響曲のテーマは「悲喜」なのか? モーツァルト:交響曲第40番

広告
Pocket

「名曲名盤」という割にはマニアックな曲目に偏っているとの見方もあるこのサイト。ここらあたりで間違いのない名曲、モーツァルトの交響曲第40番にスポット・ライトを当ててみたいと思います(先回登場時は39番との比較でした)。

ほぼイントロなしの冒頭のメロディーを聴けば誰もが「あぁ~」と知っている名曲中の名曲。「もの悲しいロマンティックな曲ね」、という感想が多いと思われます。では全四楽章よく知っているかというと意外にもというか「えっと、どんなメロディーだったっけ?」となってしまうことも。学生時代に友人が、ものの一分も聴かないうちに「もういいや」「えっ、なんで?」「いや、もう最初のテーマ終わったから」。おいおい『愛のオルゴール』じゃないんだぜ(フランク・ミルズさん、ごめんね)。

演奏にもよるのですが、じっくりと聴くと深~い味わいとともに謎めいた印象をもおぼえるこの曲。少し語らせてくださいませ。

リッカルド・ムーティによる、抑えたテンポの第一楽章

続きを読む“天才の最後から二番目の交響曲のテーマは「悲喜」なのか? モーツァルト:交響曲第40番”

広告

心ここにあらず、ぼんやりしている時。ショスタコーヴィチ:交響曲第15番

広告
Pocket

  • どんな曲?

ショスタコーヴィチを初めて聴いてみたいという人がいたら、絶体にお勧めしません。やっぱり第5番を最初にお勧めします。こちらは彼の最後の交響曲となりました。交響曲というよりは大きな室内楽のようだと評する人もいます。確かに全体がドーンと鳴っている部分は比較的わずかです。それまでの彼の交響曲や、他のクラシックのパロディーがちりばめられているのですが、楽しいというよりはやや不気味で、印象としては暗いです。と書くと「5番だってそうでしょ?」といわれそうですが、意味合いが違うんです。政治的な圧力が取り除かれて自由に作曲できるようになったショスタコーヴィチの集大成、というと大げさですが、不可思議な音たちと戯れる彼の姿が目に浮かんできます。打楽器も活躍しますよ。

  • どんな時に聴くとよい?

この質問には困ってしまいますね。本当は一心不乱に聴いてほしいのですけど、例えば、なぜだか何も考える気がせずにボーっとしてしまうことがありますよね。そんな時に流しておいたら良いのではと思います。音響と一緒に自分もどこかにたゆたって行って、最後に我に返る。そんな感じでいかがでしょう?戻ってこれないと困りますけど。

ムラヴィンスキー、レニングラード・フィル

続きを読む“心ここにあらず、ぼんやりしている時。ショスタコーヴィチ:交響曲第15番”

広告

重た~い真剣さに満ちる曲。ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲

広告
Pocket

ラヴェルにしては非常に重苦しさを感じる曲です。そして最後には力一杯に重圧をはねのけて、目もくらむような華々しさのうちに幕を閉じる感動的な音楽です。

題名が示しているように、ピアノ協奏曲ですがピアニストは左手だけを使って演奏します。それは第一次世界大戦で右手を失くしたピアニスト、ウィトゲンシュタイン(兄は有名な哲学者)の依頼によるものだからです。

ピアノが登場するのは2:09から。6:10、14:05からのソロはとても美しい。

続きを読む“重た~い真剣さに満ちる曲。ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲”

広告