含蓄のある笑い。「Show must go on. (幕を下ろすな)」

Pocket

三谷幸喜の喜劇です。なんというか、おなかの皮がよじれるほど笑えます。この喜劇に「深い」と思わされるのは、その始まりと終わりにあると思います。またショービジネスに対する深い思い入れが表れています。

二人の裏方の男たちが舞台袖で話している。故伊藤俊人さんと、えっとのっぽの人。古畑に出てる。失礼しました西村雅彦さんでした。

続きを読む“含蓄のある笑い。「Show must go on. (幕を下ろすな)」”