含蓄のある笑い。「Show must go on. (幕を下ろすな)」

広告
Pocket

三谷幸喜の喜劇です。最近知ったが彼とは同じ中学で、1年先輩だったようだ。

そんなことはどうでもよいが、この喜劇に「深い」と思わされるのは、その始まりと終わりにあると思う。
二人の裏方の男たちが舞台袖で話している。故伊藤俊人さんと、えっとのっぽの人。古畑に出てる。失礼しました西村雅彦さんでした。

一人芝居の舞台袖が舞台になっていて、佐藤B作さん扮する老俳優が劇中劇の出演者。
幕が開くと、この裏方たちが老俳優が到着する前をいいことに、「じじい」呼ばわりして、ずっと悪口を話し続けている。とても嫌な感じがするのだ。

しばらくして主役が登場。二人はひたすらへいこらしている。そして劇が始まり、様々なアクシデントが起き続ける中、二人を含めた舞台袖での奮闘が描かれる(僕らには本舞台は見えず、音だけ)。それが喜劇の枢軸をなしているのだが・・・・。

広告

舞台が終わり俳優は帰る。へいこらと見送る二人、そのあと彼らはまた老人の悪口を話し続けるのだが、これはいったいどうしたことだろう。内容は幕開けとほとんど変わっていない。それなのにちっとも嫌な感じがしないのだ。むしろこの二人の裏方の老俳優に対する尊敬や愛着すら感じられるのだ。

このために本編のドタバタがあるのか?本編はもちろん喜劇として最高に笑えるものなのだが、結構な長丁場を見ているときには気づかない、裏方二人に対する見方の大逆転。

人は見かけによらぬもの、とは言いうものの、「見かけ」だけではなく「おしゃべり」でも人の本質ってなかなか見えないものなのでしょうね。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です