やはり!タワーレコードの送料体系変更。時代はハイレゾ化か?LPへの回帰か?

Pocket

ちょっと残念なお知らせがタワーレコードから届きました。

2018年10月15日(月)午前11: 00以降の注文分から料金が変更になります。

これまでは税込1,500円以上の注文で送料無料となっていましたが、15日からは税込2,000円以上の購入で送料無料となります。

また、宅配の送料が全国一律378円から本州・四国594円、北海道・九州702円、沖縄1,080円となります。ゆうパック指定手数料も216円から400円に変わります。

対抗策はセブンイレブン受け取りです。便利です。配送料無料です。

しかし、今後の音楽販売はどうなっていくのでしょうか?想像してみました。

続きを読む“やはり!タワーレコードの送料体系変更。時代はハイレゾ化か?LPへの回帰か?”

お詫び

Pocket

バックアップの不備により、最新データを一部失ってしまいました。思い出せる範囲で再筆しますが、「Nomos Gamma」の新録音については、Blu-rayが発売されるまで記事を撤回いたします。繰り返し聞き比べた結果、演奏そのものは旧盤が上と判断したからです。それでも5.1chを期待しています。今はこちらで紹介している旧盤を、現時点で入手できるBestとして推薦いたします(なお「テルレテクトール」については新盤がお勧めです)。

この度はご不便をおかけして申し訳けありませんでした。

お知らせ

Pocket

いつも閲覧ありがとうございます。皆さんが立ち寄ってくださるのが何よりの励みです。

これから状況に応じて、CDを紹介する店舗にHMVを含めます。とりあえずアンタイルのジャズ・シンフォニーの新譜を追加いたしました(タワレコからも出ますのでそちらも追記しました)。

基本的にはこれから紹介するものについてHMVで勧めたいものがあれば含めていきます。過去に推薦したもので入手困難なものや、上記の様な興味惹かれるものについては追記していくかもしれません。保証の限りではありませんが。

ちなみに、買いたかったけどもう無かったよ、というようなことがあればコメントください。HMVでも探してみます。

突然ですが

Pocket

ブログタイトルを「B⇄X」改め「B to X」といたしました。打ち込みづらいのと、発音に窮するからです。「B」はバッハ(Bach)、「X」はクセナキス(Xenakis)を意識していますが、元々の案は「From A to Z」ではない、つまりすべてを網羅していません。ということを言わんとしておりました。(ドメイン名は「名曲名盤.net」のままですが。大仰な命名をしてしまったものです)。

今後も細々と続けてまいりますので、お引き立てのほどよろしくお願いいたします。

お詫び

Pocket

これまで推薦版に関しては、送料の有無等を併記しておりましたが、アマゾンに於いてAmazonプライムに加入している場合と加入していない場合とで送料が異なることに気づいておりませんでした。

プライムに加入していると、プライム価格で割引になるとともに送料無料になりますが、加入していない場合は2,000円以上購入すると送料が無料になることがわかりました。また例外もあるようです。

ただし、CDの値段は頻繁に更新され、執筆時点での価格と同じことはあまりないことがわかりました。

それで、どの店舗で購入すると最も安くなるかについて誤解を生じさせる表現があったかもしれません。誠に面目なくお詫び申し上げます。

続きを読む“お詫び”

番外編・コンサート報告:読響 第562回定期。ロジェストヴェンスキー:オール・ショスタコーヴィチ プログラム

Pocket

ついに行ってまいりました。ロジェストヴェンスキーを生で聴けるとは思ってもいませんでした。というか実は故人ではないかとなぜだか思い込んでいました。若い時から聴いていて、その時点でかなり年齢も行っていたと思うので。85歳、確かに歩みはゆっくりで、背筋は伸ばしていましたが、たぶんステージ上で意識的に伸ばしているような感じでした。

曲目は

  • バレエ組曲<黄金時代> 作品22a
  • ピアノ協奏曲 第1番 ハ短調 作品35 (ピアノ:ヴィクトリア・ポストニコワ)
  • 交響曲第10番 ホ短調 作品93

期待に応える素晴らしい演奏でした。ピアノ協奏曲以外は、全体的に2割増しくらいのやや遅めのテンポでした。これは高齢で疲れるからというはずはないですね。

続きを読む“番外編・コンサート報告:読響 第562回定期。ロジェストヴェンスキー:オール・ショスタコーヴィチ プログラム”

試聴機を設置しました。

Pocket

これまで、曲の内容を知りたい方はYoutubeをご利用くださるようにお願いしていました。
ですが折角の電子媒体ですから、直接Youtubeの動画を見ていただけるよう試聴機を設置いたしました。

続きを読む“試聴機を設置しました。”

番外編・コンサート報告:PMF2016年東京Cプロ

Pocket

今日は、いえ既に昨日ですね、ワレリー・ゲルギエフを聴きにサントリーホールに行ってきました。オケはもちろんマリインスキー・・・ではなく(値段高すぎ!)、PMFオーケストラです。PMFについてはホームページをご覧ください。世界各地から選り抜きの若手たちが特訓を受けての演奏です。

去年も行ってとてもよかったので、今年も早々にチケットを取りました。
曲目はメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」しか確認しておらず、てっきりイタリアで〆るのかと思いきや、トップバッターでした。続いてブラームスのバイオリン協奏曲、そして〆はこともあろうにショスタコーヴィチ交響曲第8番。いやぁ、ショスタコーヴィチ好きの私としてはうれしい限りですが、待てよ?この曲、1時間くらいかかるんじゃなかったっけ・・・?

続きを読む“番外編・コンサート報告:PMF2016年東京Cプロ”