安らぎを求めて。モーツァルト:クラリネット協奏曲

ramboldheinerによるPixabayからの画像
Pocket

いわゆるクラシック、なごめる曲が聞きたいとおっしゃる方に一押し。
とりわけ第二楽章はまさに天上の音楽。

ヘッドフォン 第2楽章

それはもう、どうしてこんな曲が存在するんだろう、と思ってしまうほど。素直で、言ってみれば単純な旋律。音数に過不足はなく、隙も綻びも一切ない。
モーツァルトのキャラクターについては専門家に委ねるとして、「どんな形式の音楽でも書ける」と豪語し、「絵のようにパッと一瞬で全体像が思い浮かぶ」とか「容易に忘れることはなく、あとは楽譜に書き留めていくだけ」とも。

美しいものに理屈はいらない。

さて名演奏は数多くあると思いますが、ザビーネ・マイヤーの演奏をおすすめしたい。

CDは数多く出ていますので、おすすめ以外にも良いものはたくさんあると思います。


ザビーネ・マイヤー(basset horn、cl)/モーツァルト:クラリネット協奏曲 他(CD)
クラウディオ・アバド(cond) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください