ハッピーエンドになる予定だった?悲劇。プロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」

広告
Pocket

バレエではTVで見ただけですが、プロコフィエフとしては古典的な作風だと思います。

02c3d2e42fdc1a5b2302256347fe1a67-e1471856521793
1:14からはきっと聞き覚えがあるはず。
19:01は「別れの前のロミオ(ロメオ)とジュリエット」の途中からですが切ない。
22:55からは盛り上がる「タイボルト(ティボルト)の死」

言わずと知れたシェイクスピアの悲劇の一つですから、あらすじは既知のものとして省いても構わないですね。

ただしバレエでは当初、ロミオがすんでのところで間に合い、ハッピーエンドになる予定だったというのです。元の悲劇に戻すために曲を書き改めたとか。シェークスピアが聞いたらなんというでしょうか?これはWikiで知りました。まぁ最後は両家が和解するので救いのある終わり方ではありますが。

戯曲は完全なフィクションではなく、モデルがあるそうです。もっともそちらでは数年間は夫婦として生活したようですので、そこに救いを見る人と、より以上の悲劇を感じる人がいるでしょう。翻訳をした小田島雄志さんがTVで話しておられました。

組曲といっても、試聴機の音源の場合、これはゲルギエフとマリインスキー歌劇場管弦楽団によるものですが、作曲者が組んだものではないですね。実のところ「組曲」となっていても各指揮者それぞれがチョイスしている状況です。例えば、ゲルギエフは演奏される機会の多い第二組曲の後ろをカットして、受けの良い「タイボルトの死」を持ってきて盛り上がるようにしています。魅力的なナンバーが豊富にありますので、こうなるともう全曲版を聴くしかないかもです。冒頭に述べた通り比較的古典的作風ですので長く聴いていて疲れるということはないと思いますが、組曲で気に入ったものを見つけてからでもよいですね。

第二組曲に入っている、対立する「モンターギュー家とキャピュレット家」の重々しいテーマ。あまりにも可憐な「少女ジュリエット」。切ない「別れの前のロミオとジュリエット」のほんの一時と思っていても離れがたい情感。この組曲に入っていませんが人気のある、友の仇を討とうと戦うロミオとタイボルト(ジュリエットの親族)を描く「タイボルトの死」の躍動感。どれも魅力です。

バレエ音楽なのでバレエとして楽しむのが良いとは思いますが、私は残念ながらTVで見たくらいです。しかしバレリーナってすごいですね。本当にジュリエット役が少女に見えましたから。

さて、現在手に入るCDで、全曲版かおすすめの組み合わせの組曲版を探すのはなかなか難しそうです。いえ、すごく難しかったです。何を重視するかによってご覧ください。

 

【SACDハイブリッド】 Romeo & Juliet – Tchaikovsky, Berlioz, Prokofiev<限定盤> キリル・コンドラシン 、 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団 、 ピエール・モントゥー 、 ロンドン交響楽団 、 London Chorus 、 エフゲニー・ムラヴィンスキー 、 レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団 ¥2,536
ちょっと面白い構成になっていまして、チャイコフスキー・ベルリオーズ・プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」集です。プロコフィエフはムラヴィンスキーが振っていますが第二組曲から4曲のみとなっています。ちなみにベルリオーズも抜粋です。SACDハイブリッドということ、録音が比較的新しい1981年であることなどから、音質重視の方に。

カレル・アンチェルの芸術 7::プロコフィエフ:バレエ≪ロメオとジュリエット≫(全10曲) ストラヴィンスキー:詩篇交響曲 ¥1,404
こちらは”抜粋”組曲となっています。曲の並びが自然でとてもバランスが取れた選曲です。録音は1959年と古いですがリマスタリングによる再登場とのことです。

Mravinsky – Live in Bergen 1961 エフゲニー・ムラヴィンスキー 、 レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団 ¥2,336
ムラヴィンスキーの十八番というわけで何度も登場します。別にひいきしているわけではありません。こちらの特徴は第二組曲、全7曲が収録されているというところです。1961年、モノラルのライブ録音です。

Prokofiev: Romeo and Juliet Suite No.2; Tchaikovsky: Symphony No.5 / Evgeny Mravinsky, St.Petersburg PO エフゲニー・ムラヴィンスキー 、 サンクト・ペテルブルク・フィルハーモニック交響楽団 ¥2,028
こちらは第二組曲からと、チャイコフスキー交響曲第5番が収録されています。1982年のライブで音質の良さが期待できます。ただし現在すんなりと入手できるとは限らないようです。

 

広告


ロミオとジュリエット 全曲 セルゲイ・プロコフィエフ (作曲), アンドレ・プレヴィン (指揮) ¥ 2,057
こちらはプレヴィンの全曲版です。プレヴィンのロマンティシズムは曲にびったりと思います。2枚組。
下記の通り、楽天でさらに安価に出ていますが、どちらを選んでも取り寄せできずキャンセルの可能性も。


プロコフィエフ:バレエ「ロメオとジュリエット」 ゲルギエフ(ワレリー) (アーティスト, 指揮) ¥2,306
1990年の録音で、まだ若き日のゲルギエフを楽しめることと、入手しやすさでチョイスしてみました。2枚組。


プロコフィエフ:ロメオとジュリエット組曲第1番、第2番より ムーティ(リッカルド) (アーティスト, 指揮) ¥4,980
組曲からの抜粋で一枚ですが、第一組曲すべてと第二組曲からの抜粋となっており、作曲者の組曲版の意図に忠実な選曲になっています。リンクをクリックし、「新品の出品」をクリックすると、新品が入手できます。ただし、値が上がってきてしまっていますね。このような良い盤は復刻されることとは思いますが。


プロコフィエフ:組曲「ロミオとジュリエット」抜粋 チョン・ミュンフン (アーティスト, 指揮) ¥1,994
こちらは残念ながら中古しか見つかりませんでした。リンクをクリックして、「中古品の出品」をクリックすると購入できます。こちらは三つの組曲から抜粋して物語の流れに沿った曲順になっています。このようなCDこそ早い復刻が望まれます。

 

 

なかなかの人気のようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 Prokofiev プロコフィエフ / Romeo & Juliet: Previn / Lso 【CD】
価格:1852円(税込、送料無料) (2016/10/31時点)

プレヴィンの全曲版です。

入手可能かは何とも言えません。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です