疲れを吹き飛ばそう!ニールセン:交響曲第4番「消し難きもの」

広告
Pocket

以前より日本語版では「不滅」の名で知られてきた交響曲です。原題は「消し難きもの」「消し去り難いもの」という意味で、厳密にいえば「不滅」ではありません。最近のCDでは原題に近い訳が用いられることもあります。

「不滅」と言えば「消すことのできないもの」になってしまいますが、「消すことの難しいもの」というニュアンスが近いと思います。それは人間の持っている「信念」とか「信条」、または「意志」のようなものではないかと思うのですが、どうでしょうか?

第一次世界大戦中に書かれたものですが、「個」が「マス」に飲み込まれていく時代にあって、失いたくない、失ってはならない、死以外の何物によっても消し去ることのできない強固な意志を感じさせる音楽です。

はて?「疲れを吹き飛ばそう!」というからにはリラックス系の音楽がお勧めではと思われたかもしれません。この曲の中にはそのような部分も含まれています。が、それ以上に「よし!やるぞ!」という気持ちになる、闘志の湧いてくる音楽なのです。これが諦念や小さな悩みを吹き飛ばしてくれます。

ヘッドフォン冒頭~ ヘッドフォン第4楽章。6:10からのティンパニバトルが圧巻。ちょっと伝わらないかも。

曲は切れ目なく演奏される単一楽章形式ですが、普通の交響曲に照らして大まかな部分に分けることができます。
導入部からいきなり戦いに入っていて幾らか不穏な様相を呈しています。が、曲調は暗く沈んだものでは全くありません。覇気に満ちています。
舞曲風の部分はちょうど川下りをしていたら、川辺の村で村人が踊っているのが見えた、といった風情。心和む旋律が心地よいです。

突然、弦楽器が速いパッセージを弾き始め折り重なり盛り上がったところで一瞬の間があり、曲は最後の部分に突き進んでいきます。ニールセンの旋律は、全曲を通して速く、またゆっくりと繰り返し演奏されるものもありますから旋律に間違いはないのですが、「歌」というよりも気の流れを示すような、暗示的なものに思えます。

そして一つの山場と言える二人のティンパニ奏者による掛け合いが始まります。それは雷鳴のようでもあり、怒号のようでもあり、最後の戦いのようでもあります。
そしてついに平和的な旋律が全オーケストラで奏され、勝利が高らかに「歌」われます。そう、最後の部分にははっきりとした「歌」があります。生き続ける限り守るべきものを守り、皆が勝利の歌声を上げるのです。

きっと聴き終わるころには萎えた心をしっかりと立て直すことができるでしょう。

さて推薦盤のご紹介ですが、後程追記いたしますので今しばらくお待ちください。

推薦盤(追記:2016/07/14)

一回の配送合計が1,500円以上で送料無料

【CD】Nielsen: Complete Symphonies, Aladdin Suite, Maskarade
実のところきちんと聞いたのはブロムシュテットのみです。N響との共演も聞きました。
いずれもデジタル媒体でしたが、味わいのある演奏です。1~4まで入ってお値段も安くお勧めです。
(2,729円)

広告

Nielsen: The Complete Symphonies No.1-No.6 パーヴォ・ヤルヴィ 、 フランクフルト放送交響楽団
気合の入った交響曲全集。北欧と言えばヤルヴィ。販売ページでも熱く語っています。
(3,121円/セール2,559円)

ニールセン:交響曲第3番≪広がりの交響曲≫ 交響曲第4番≪不滅≫ ネーメ・ヤルヴィ
パパはどうかな?聞き比べも興味深いかも。
(1,296円)

Herbert von Karajan – 3 Classic Albums – Sibelius, Grieg, Nielsen ヘルベルト・フォン・カラヤン 、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ニールセンとグリーグとシベリウスの三つのアルバムのセットです。録音もよさそうです。
(2,797円/セール2,294円)

 

 以下、Yahoo! ショッピングからです。


ニールセン:交響曲第4番《不滅》/カラヤン(ヘルベルト・フォン)[SHM-CD]

上掲のものです。

 


ネーメ・ヤルヴィ(cond)/ニールセン:交響曲第3番≪広がりの交響曲≫ 交響曲第4番≪不滅≫

上掲のものです。


グスターヴォ・ドゥダメル(cond)/ブルックナー:交響曲第9番/シベリウス: 交響曲第2番/ニールセン: 交響曲第4番、第5番

こちらは枚数を考えるとお安くなっています。三枚組。

ドゥダメルがエーテボリ交響楽団との初CDとしてリリースしたものです。

シベリウスやブルックナーも気になるところです。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください