重い気分からテンションを上げていきたいとき。ショスタコーヴィチ:交響曲第6番

Pocket

初稿2016/06/27

重々しく始まり、軽妙洒脱に終える。気分転換にお勧めの曲です。

第5番で名誉を回復したショスタコーヴィチは、続いて第6番をリリース。

曲の始まりは晦渋に満ちた重々しい音楽が続きますが、第2楽章は軽快に、そして終楽章(3楽章形式)では、これはもう思いっきりふざけているとしか思えない。また批判を受けないように注意深く書かれているようですが、「なんじゃこの終わり方は?!」。突っ込みどころ満載です。

ヘッドフォン 第3楽章

確かに第2楽章の緻密さは素晴らしいと思うし、第3楽章もかっこいいと言えばかっこいい。「デンガラガッシャン」を繰り返すコーダは何度聞いても元気をくれる。そして2回繰り返される「ジャンジャンジャン」。2回目は1オクターブ下がるのだと最近になるまで気が付かなかった。ますますおちゃらけている感じが強まった。

聴いていて楽しい。それに第5番のパロディーが散りばめられているような気がしませんか?
「え?何?第5番みたいなのが好きなの?こんな感じ?」と作曲者が舌を出しながら笑顔で作曲しているような。

そういえばショスタコーヴィチの笑顔を見たことがないですね。いつもこわばったような顔の写真ばかりで。でも決して根っからの堅物な性格ではなかったと思う。タヒチ・トロット(Tea for twoの編曲)も楽しんで書いているようだし。

一方、ムラヴィンスキーは1枚だけ笑顔の写真を見たことがあって、貴族の流れをくむだけあってさすがにノーブルだ。しかし、練習中に見せる表情は厳しい。怒鳴ったりはしないけれども言うことも結構きつい。「(公演)旅行の準備はできている。荷物はカバンの中。でも音楽は?全然できていない」。

でも彼の演奏する第6番はとても楽しい。ではへらへら笑いながらフィナーレを演奏しているのか?そんなはずはない。喜劇でもそうだけれど人を笑わせるようなものって、やる方は大真面目なのですよね。そう思って第6番を聞くとますます楽しくなってしまう。重たい曲を聴きたくないときは第二楽章からか第三楽章だけ聞いてもいいですね。

聴き終えるころには、俄然やる気が出ていることでしょう。


【SACD】 The Art of Mravinsky in Moscow 1965 & 1972 エフゲニー・ムラヴィンスキー 、 レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団 ¥4,271
まずご紹介するのは、やはりムラヴィンスキー。驚くなかれの7枚組。録音は古いですがリマスタリングされたものでまさに宝箱。その1枚目と6枚目に交響曲第6番が収められています。ぜひ収録曲目をご覧になってみてください。以前はCDで出ていたのですが廃盤になりました。ハイレゾがよろしければお買い得だと思います(機器が必要です)。

 


【SACDハイブリッド】 Shostakovich: Symphony No.4, 5 & 6 ワレリー・ゲルギエフ 、 マリインスキー劇場管弦楽団 ¥3,356
輸入盤
第5番と重なってしまいましたが、音質もよく、奇をてらったところのない演奏です。三曲入り(二枚組)なのもお得感があります。
一枚目に第4番、二枚目に第5、第6が入っています。(送料無料)

第6番のCDは比較的少ないようです。輸入盤を探せばあると思います。上記国内流通版は「第5番」の方を参照してください。わざわざ高い方を買う理由もないと思いますが。

こちらはSACDハイブリッドなので、割高ですが通常のCDプレーヤーで聴くことができます。


【UHQCD】 ショスタコーヴィチ:交響曲第6番・第9番<初回限定盤> レナード・バーンスタイン 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ¥1,944
通常のCDも上げておきます。第6番と第9番ということで、重々しい部分が少し、他は陽気で軽さを感じさせる2曲をバーンスタインが振っています。どちらの曲も最後は明るく終わり、陰鬱の影もありませんので楽しんでいただけると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください