悲劇だけど爽やかで後味の良い名作。チャイコフスキー:幻想序曲「ロミオとジュリエット」

Pocket

プロコフィエフのバレエ曲は既にご紹介しましたが、こちらは作曲の途中から「幻想序曲」というタイトルが付された純音楽です。ストーリーに沿って時系列に音楽は進みはしますが、バレエほど筋立てに縛られることなく聞くことができます。

カラヤンによる

かなりの回数聴かれている名演奏だと思います。

どうしても悲劇ということから敬遠されがちかもしれません。シェイクスピアの演劇を見ると(昔BBC制作のスタジオ収録版が放映されていました)、決してやるせない幕切れではなく、和解の光が温かく輝くものだったと記憶しています。チャイコフスキーの作品も最後は明るさを取り戻し、光輝の中でエンディングを迎えます。

いくつかの特定のメロディーが要所要所で登場しますので、何回か聞いているとどのメロディーが何を表しているのかおおよそ見当がつくようになります。作曲者は細かいプログラムを組んで構成しているようですし、Wikiで見ていただければ、一部バレエのように一音が表す場面が指摘されています。それでも、戯曲全体を覆っている幸福と悲劇の入れ替わり立ち替わりがよく表現されていると感じます。

全容をつかむのには何度か聞いてみる必要があると思いますが、聞けば聞くほど味わいが増してくると思います。比較的初期の作品でフレッシュな印象があります。作曲はかなり難航してアドバイスを求めたりしたようで、現在私たちが聞く最終稿に至るまで何度も校訂を繰り返したことなど、苦労の末に生み出された作品はやはり素晴らしいものがあります。

そういえば「刑事コロンボ」でトリックに使われていた曲がこの曲でした。曲目自体はあまり意味がないのですが・・・。最後の盛り上がりの部分が印象に残っています。

生演奏で聞けば、すぐ良さがわかるのでしょうが、録音ですと(基本的にどの曲もそのようなのですが)繰り返し聞くうちに良さがわかってきます。この曲もそうですね。

 

チャイコフスキー:幻想序曲≪ロメオとジュリエット≫、組曲≪くるみ割り人形≫ [UHQCD]<初回限定盤> ヘルベルト・フォン・カラヤン ¥1,944
予約盤です。やはり名盤は繰り返し発売され続けるのですね。2017年3月8日予定。お急ぎの方はAmazonで。

チャイコフスキー: 交響曲全曲, マンフレッド交響曲, 管弦楽曲+特別収録(4&6番旧録音)<タワーレコード限定> ベルナルト・ハイティンク 、 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 ¥4,937
交響曲全曲を含む7枚組です。協奏曲以外ほとんどが収録され、かつ初CD化2曲を含む全集。この一曲を紹介するのに仰々しいですが良いものは良い、ということで。

チャイコフスキー: バレエ「くるみ割り人形」全曲, 大序曲「1812年」, スラヴ行進曲, 他<タワーレコード限定> アンタル・ドラティ 、 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 、 デトロイト交響楽団 、 ナショナル交響楽団 ¥1,851
「くるみ割り人形」中心の2枚組。そちらの評価が非常に高いのですが…。小品の曲目が良いですね。

 


チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」、組曲「くるみ割り人形」 Limited Edition ¥1,944
こちらがタワーと同じ’17/3/8発売のものです。


チャイコフスキー:交響曲第4番、幻想序曲《ロメオとジュリエット》 CD ¥1,820
いくつかの交響曲との組み合わせがありますが、4番との組み合わせを選びました。続けて聴くのにバランスが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください